◆ 市長就任から実現した事項の一部紹介

北で最も企業しやすい市を実現しました。

中川市政1期4年の企業誘致数は、県内最多を記録しております!

11月初めに、7社目の企業誘致。各企業には雇用拡大をお約束いただいております。

引き続き、山形大学と連携し、ベンチャー起業促進に取り組んでいます。

光客増員を実現しました。

H30に米沢の観光客は、250万人を突破し、現在421万人を達成しています。

業出荷高をプラスに

H29年、4,959億円達成!H30は、間違いなく5,000億円超(速報値)

※統計調査は、タイムラグ(時間差)があります。今年、令和元年は、さらなる上積みも!!

・県の制度を活用し、かつ米沢市独自策として「食」の米沢強化に取り組んでいます。

米沢牛、コメ、野菜、果樹などの農産物の競争力強化、そして儲かる食産業つくりに向け取り組んでいます。

内最高の健康長寿に向けて取り組んでいます。

健康・医療データを活用し、予防医療・介護を展開しています。病院と治療所、高度医療機関との連携を深め、一人ひとりに寄り添う医療を通じ、健康長寿日本一に向けての取り組みを展開しています。

き家バンク制度の実地

「空き家」「空スペース」対策に取り組み、元気な中心市街地活性化に向け取り組んでいます。

GPS除雪を導入

の補助事業を取り入れ、景観事業を実地

内でいち早く「新トンネル期成同盟会」を設立

児・幼児・就学時、それぞれ支援策を実地

乳児・幼児・就学時、医療費無料化を実現。さらに中学生に拡大。今後は高校生も対象に。

民満足度を実地

調査結果を市報に掲載かつ、市政に反映!

沢市地方創生参事に民間人を登用!

他にも、国・県・他市との人事交流実地。いわゆる官民の交流拡大。民間企業との連携強化を果たしています。

賜はひとつ!」に向け取り組んでいます。

米沢市が「中心市」となり置賜定住自立圏構想を策定・実地しました。

外の専門家やキーパーソン、市民・市職員と共に政策を立案し、進めています。